巷で話題のairbnb!お部屋を貸すなら代行業者へ

airbnbって何?

旅行について調べたことがある方なら「airbnb」というサービスをご存知でしょう。airbnbとはいわゆる民泊仲介サービスの一種で「空いている部屋や家を貸したい人」と「部屋や家を借りたい人」をマッチングしています。

airbnbに部屋を掲載するまでの流れ

airbnbアカウントを作る

airbnbに部屋を掲載したいという場合には、まずはじめにホームページに行き、新規でアカウントの作成を行なう必要があります。しかし、GoogleやFacebookなどのアカウントがある際には連携させるだけでairbnbアカウントの作成が可能です。

個人情報を入力する

アカウントが作成できれば、氏名、住所、電話番号などの個人情報を入力して頂きます。日本の住所を英語で記載する際には書き方が異なる場合もありますので、変換ツールなどを利用するといいでしょう。

物件情報を入力

個人情報を入力後は登録したいお部屋のタイプ、最大収容人数など、基本情報を細かく入力し、写真を送付します。この写真はお部屋の詳細ページに表示されるだけでなく、airbnbの検索結果にも表示されるので、美しい写真を送付しましょう。

登録完了から掲載へ

個人情報と物件情報を入力し終われば、物件登録は完了になります。後は、airbnbに掲載するために料金プランや条件などを細かく決めて、好きなように運用するといいでしょう。運用が大変だという場合には代行業者を雇うのもいいでしょう。

巷で話題のairbnb!お部屋を貸すなら代行業者へ

部屋

運用にかかる手間が最小限

airbnbの運用代行サービスにはメール対応のみ、清掃のみを代行するといった部分的サービスから運用にかかる全てのことを代行するサービスまで、サービスの種類が豊富にあります。そのため、airbnbの代行業者を利用することで、ご自身が求める条件・料金から運用にかかる手間を必要最小限に抑えることが可能と言えます。

知識がなくても収益を得られる

民泊をご自身で運営するとなると、民泊や宿泊施設の法律の違いや物件を掲載する方法など独自で学ばなければいけません。しかし、その点、airbnbの代行業者を雇っていれば、airbnbへの登録から運用までスムーズに代行してくれるので、専門知識がなくても簡単に収益を得ることが可能です。

トラブルにも安心できる

民泊を運営していく上で、一番悩まされるポイントが「クレーム」です。例えば、室内清掃が入っていない、鍵が返却されていないというケースで、次に泊まるゲストとトラブルに発展することも少なくありません。ですが、airbnb代行業者なら、このような緊急時に現地に急行してトラブルにきちんと対応してくれます。そのため、ご自身は安心して物件やお部屋を任せることができます。

大規模化にも対応している

一つの民泊であれば、ご自身で管理・運営することも可能ですが、これ以上の民泊物件を増やすとなると苦労するばかりです。しかし、airbnb代行サービスを利用すれば、手数料がかかるものの、複数物件を上手に運営することができます。このように大規模化が容易というのも、airbnb代行サービスのメリットでしょう。

広告募集中